30 March 2020: State of Emergency Orders for Samoa

AMENDED STATE OF EMERGENCY ORDERS FOR CORONAVIRUS

(COVID-19) 30th March 2020

GOVT. PRESS SECRETARIAT; “Cabinet is empowered to make Regulations, Rules or Orders for the implementation of the public sector duties and responsibilities, for maintaining safety, for the best interests of and the welfare of the country”..

This is one of the three new amendments mandated by the revised State of Emergency Orders signed into law today by His Highness the Head of State, Tuimaleali’ifano Va’aletoa Sualauvi II in consultation with Cabinet and pursuant to Article 106 of the Constitution.

The other two amendments are published below;

Advisory Board – Article 108:

The Advisory Board appointed under Article 108 of the Constitution, shall not incur any liability for actions done in good faith under Article 108.

Flexibility of procedures:

  • Given the pandemic Covid19, procedures of Cabinet and Parliament, may be relaxed during the State of Emergency, so that decision making for the good of the country may continue.
  • For effective decision making for the country, the above Orders do not bar any urgent and essential meetings of Cabinet and Parliament to take place during the State of Emergency.

The amended Orders are in effect today 30th March 2020 and it is reprinted in it’s entirely;

  1. National fasting and prayer:

A national period of fasting and prayer is to be observed by every family in Samoa from Sunday 22 March 2020 until Sunday 29 March 2020 from 6.00am – 12.00pm daily.

  • International travel, planes and ships:
  • Except in exceptional circumstances with Cabinet approval, starting from 12am of Thursday morning, 26 March 2020, all international travel to and from Samoa by plane are ceased.
  • Ship access to Apia wharf is limited to trade and petroleum; fishing boats and all others are prohibited until further notice, and the Ministry of Health is required to continue with the approved medical clearance of all involved.
  • Public gatherings:
  • There shall be no public gathering of more than 5 people at any public place.
  • There shall be no public gatherings of any sort which include but are not limited to:
  • Church gatherings;
  • Sports events;
  • Entertainment gatherings.
  • All nightclubs, bars, theatres, bars attached to restaurants or hotels, or any other public place people accustom for social gatherings are to be closed.
  • All people are prohibited from gathering at airports or wharves unless it is for permitted travel. 
  • All owners of restaurants are:
    • prohibited from opening to customers for dining in; and
    • permitted to provide customers with food to take away, for consumption away from a public place (at home).
  • Public transport:

Vehicles

  • The operation of public transport such as buses and vans that carry more than 5 people are prohibited.
  • Operators of public transport that carry 5 people or less are permitted to

continue operation.

Ferries

  • Effective from 12am of Thursday morning, 26 March 2020, travel for passengers between Upolu and Savaii cease. This does not include ferry travel for trade and Government services.
  • Markets and supermarkets:
  • The Savalalo, Fugalei, Salelologa, Vaitele markets, and all other flea markets or any market which the public have access to:

(a), are only permitted to open from 6.00am – 4.00pm after which a curfew will be in force from 4.00pm to 6.00am daily; and

(b) every person is required to return home by 4.00pm and is not permitted to sleep overnight at any marketplace.

  • Opening hours for all supermarkets is from 6am-4pm, until further notice.  
  • Street vendors
  • There shall be no selling of any goods beside roads, street, culverts or footpaths.
  • Children selling goods in public is strictly prohibited.
  • Schools:
  • All schools are to close until further notice.
  • Access to Health Facilities:
  • All persons of the age of 60 and above are to remain at home and must not move out and about in public, unless he or she is seeking medical attention at any health facility.
  • All persons are prohibited from accessing any health facility unless he or she is seeking medical attention at any health facility.
  • A person that is admitted to the hospital may:
    • only have one carer to tend to him or her; and
    • only be visited by 2 people at any one time.
  • All patient care intended for travel overseas under the Samoa Medical Treatment Scheme are hereby suspended until further notice.
  • Restriction for Government services:
  • The Public Service Commission (“Commission”) is to determine conditions in which employees are to continue working under, with the objective of ensuring minimal spread of infection.
  • The Commission’s conditions shall apply to all Government Ministries and Public Bodies.
  • All Government trips overseas are hereby suspended until further notice.
  1. Ministry of Health duties:

The Ministry of Health shall ensure to implement awareness programmes for the prevention of the spread the Covid-19.

  1. Samoa Police Service:

The Samoa Police Service shall implement this Order.

  1. Special Powers of Government Chief Executive Officers:
  2. All Chief Executive Officers of Government Ministries and Public Bodies are empowered to exercise their statutory functions, duties and powers provided under any legislation, or administrative functions for the implementation of the Sector Preparedness and Response Matrix Consolidated for Corona Virus Pandemic (“Response Matrix”).
  3. Cabinet is empowered to make Regulations, Rules or Orders for the implementation of the public sector duties and responsibilities, for maintaining safety, for the best interests of and the welfare of the country..
  1. Emergency Order Offence Notice:
  2. A police officer may serve an Emergency Order Offence Notice on a person who has committed an offence to which this Emergency applies.
  3. A Notice under this Order shall be in the form approved by the Commissioner of Police.
  4. A person who has been served with a Notice may elect to pay the fine stated in the Notice within 24 hours of the issuance of the Notice.
  1. Penalties
  2. A person commits an offence where the person does not comply with any of the above orders, attracting the following penalties:
  3. a fine of:
  4. for an individual, a fine of $200 for a first offence, and a fine of $500 for a continuous offence; or
  5. for an organization or corporation or similar such legal entity, a fine of $5,000 for a first offence, a fine of $7,000 for a continuous offence; or
  6. detainment by the Police not exceeding 3 months; or
  7. both detainment and fines prescribed under paragraph (a).
  8. The payment of a fine under this Order, shall avoid any further prosecution for the offence stipulated in the Notice issued under Order 13.
  9. Where a person is convicted of an offence under these Orders, he or she shall be liable to a fine not exceeding $10,000.00 or imprisonment not exceeding 12 months, or both. 
  1. Advisory Board – Article 108:

The Advisory Board appointed under Article 108 of the Constitution, shall not incur any liability for actions done in good faith under Article 108.

  1. Flexibility of procedures:
  2. Given the pandemic Covid19, procedures of Cabinet and Parliament, may be relaxed during the State of Emergency, so that decision making for the good of the country may continue.
  3. For effective decision making for the country, the above Orders do not bar any urgent and essential meetings of Cabinet and Parliament to take place during the State of Emergency.
  1. Financing:

The financing of the implementation of this Order shall be funded by the appropriate budget approved by the Government.

The Emergency Order 5 issued on 26th March 2020 is revoked

新型コロナウイルスに関する非常事態宣言の修正案

(COVID-19) 2020年3月30日

政府広報室:「内閣は公共期間の責任実行、安全保障、また国家の繁栄と最善の為に法律や規則を策定できる」

これは本日、憲法の106条に従い、国家元首のトゥイマレアリイファノ・ヴァアレトア・スアラウヴィ二世殿下によって署名され法案化された3つの修正案の一つである。

残りの2つの修正案は以下の通り。

諮問委員会ー108条:

憲法108条により任命された諮問委員会は 誠意を持って行われた決断に関して責任を負わないものとする。

手続きの順応性:

  • COVID-19のパンデミック発生により、内閣と議会の審議は国家の最善を記した最善を期した決断を続けることができるよう、緩和することができる。
  • 国家の為に最善の決断が継続される為、上記の命令は非常事態宣言下の内閣及び議会の緊急な会議を妨がないものとする。

諮問委員会ー108条:

憲法108条により任命された諮問委員会は 誠意を持って行われた決断に関して責任を負わないものとする。

手続きの順応性:

  • COVID-19のパンデミック発生により、内閣と議会の審議は国家の最善を記した最善を期した決断を続けることができるよう、緩和することができる。
  • 国家の為に最善の決断が継続される為、上記の命令は非常事態宣言下の内閣及び議会の緊急な会議を妨がないものとする。

上記の修正された命令は本日、2020年3月30日より即時効力を発揮とする。

  1. 国民全体の断食と祈り:

サモアのすべての家族は2020年3月22日から3月29日まで毎朝午前6時から12時までを国民全体の断食と祈りの期間としなければならない。

  • 海外渡航、航空機と船舶:
  • 内閣許可を得た特殊な場合を除き、2020年3月26日正午より航空機によるすべての国際渡航を禁止する。
  • アピア埠頭への入港は貿易と石油を目的とした船舶に限定し、漁業やその他の船舶は禁止とする。保健省は引き続きすべての乗組員のメディカルクリアランスを継続する。
  • 集会について:
  • 5人以上集まる公の場での集会を禁止する。
  • 下記のような項目を含む集会を禁止する:
  • 教会の集会;
  • スポーツイベント;
  • エンターテイメントの集まり
  • ナイトクラブ、バー、シネマ、そしてレストランやホテルにあるバー、そして大勢の人が集まるすべての公の場所は閉鎖とする。
  • 認められた渡航以外の目的で空港や埠頭での集会をすべて禁止する。
  • すべての飲食店のオーナーは:
    • 店内を顧客に開く事を禁じられる;しかし
    •  公の場ではない場所(家庭)で食べる為のテイクアウト用の食事は提供できる。
  • 公共交通機関:

乗用車

  • バスやヴァンなどの公共交通機関に5人以上乗る事を禁ずる。
  • 5人以下の客数を運ぶ公共交通機関は運行を継続できるものとする。

フェリー

  • 2020年3月26日正午よりウポル島からサヴァイイ島間の渡航を禁ずる。貿易及び政府事業を含まれない。
  • 市場とスーパー:
  • サヴァラロ、フガレイ、サレロロガ、ヴァイテレ・マーケット、またフリーマーケット及び市民がアクセスできるすべての市場は
  1. 開業時間は午前6時から午後4時までとし、毎日午後4時以降は外出禁止令が適用する。また、
  2. すべての人は午後4時までに自宅に変える事、また市場で宿泊してはならない。
  • 以後通知があるまですべてのスーパーの営業時間は午前6時から午後4時までとする。
  • 屋台
  • いかなる歩道、暗渠、道路沿いでの商品の売買を禁止する。
  •  公衆の場において児童が物品を売買する事を固く禁止する。
  • 学校
  • すべての学校は以後通知があるまで閉鎖とする。
  • 医療施設へのアクセス:
  • すべての60歳以上の人は自宅待機しなければならず、医療機関で診察を希望する場合を除き、外出を全面的に禁止する。
  • 健康施設で診察を希望する場合以外での理由で、医療施設を訪問する事を禁止する。
  • 病院で入院している場合:
    • 介護者は一人1名までとする。
    • 一度の訪問者はあらゆる場合において2名までとする。
  • サモア医療計画の下で海外渡航を予定していたすべての患者の渡航計画を以後通知があるまで一旦中止する。
  •  政府機関の制限:
  • 公共事業委員会(委員会)は感染拡大を阻止する為に従業員の労働環境を管理する。
  • 委員会の判断はすべての政府省庁と公的機関にも適用される。
  • すべての政府機関の海外渡航は以後通知があるまで停止する。
  1. 保健省の役割:

保健省はCOVID-19の感染拡大防止及び認知度向上を目的としたプログラムを実装する。

  1. サモア警察庁:

サモアの警察庁はこれらの命令を実装する。

  1. 政府省庁の最高責任者の特別権限:
  2. 政府機関及び公的機関のすべての最高責任者はコロナウイルスのパンデミックに対する対処マトリックスに基づき、法定機能や権限を発揮する。
  3. 内閣は公共期間の責任実行、安全保障、また国家の繁栄と最善の為に法律や規則を策定できる。
  1. 非常事態宣言違反の通知について:
  2. 本命令への違反と該当する場合、警察官は非常事態宣言違反を通知することができる。
  3. このように違反を通知する場合は警察庁の承認する書類に記入しなければならない。
  4. 通知を渡された人は通知の発酵から24時間以内に罰則金を払うことができる。
  1. 罰則について
  2. これらの命令に従わなかった場合、以下のペナルティーが課せられる。
  3. 罰金:
  4. 個人が従わなかった場合、初回の違反は200ドル、2回目以降は500ドル、また
  5. 企業や団体などの法的実体の場合、初回の違反は5000ドル、2回目以降は7000ドルの罰金が科せられる。または
  6. 警察に3ヶ月未満の懲役が科せられる。または
  7. 拘留と罰金、両方が科せられる。
  8. 命令の違反に関する罰金の支払いを完了した者は命令13に従った追加の処罰を免れることができる。
  9. これらの命令に従わなかった場合、10000ドル未満の罰金、又は12か月以内の懲役、若くはその両方が科せられる。
  1. 諮問委員会ー108条:

憲法108条により任命された諮問委員会は 誠意を持って行われた決断に関して責任を負わないものとする。

  1. 手続きの順応性:
  2. COVID-19のパンデミック発生により、内閣と議会の審議は国家の最善を記した最善を期した決断を続けることができるよう、緩和することができる。
  3. 国家の為に最善の決断が継続される為、上記の命令は非常事態宣言下の内閣及び議会の緊急な会議を妨がないものとする。
  1. 予算:

この緊急命令の必要経費は政府に認可された予算から算出される。

2020年3月26日に発令された非常事態宣言5は無効とする。