03 APRIL 2020: State of Emergency for Samoa extended

State Of Emergency for Samoa extended

GOVT PRESS SECRETARIAT: The State of Emergency will be extended for another four weeks.

In signing the extension  into law this evening His Highness the Head of State, AfiogaTuimaleali’ifano Va’aletoa Sualauvi II , after consultation with Cabinet as set out in F.K. (20) Special 13 is “satisfied that a grave emergency exists whereby the health, security or economic life of Samoa is threatened by a catastrophe.”

The extension will be in force in Samoa commencing from 12am of the morning of 5th April 2020 until 12 midnight of 2nd May 2020.

All Emergency Orders issued on 30 March 2020 under the previous Proclamation of the State of Emergency 21 March – 4 April 2020, continue in force until and unless revised or revoked.

2020年4月8日: サモアにおける非常事態宣言の期間延長について

サモアにおける非常事態宣言の延期が決定

政府広報室:非常事態宣言をさらに4週間延期へ

国家元首のトゥイマレアリイファノ・ヴァアレトア・スアラウヴィ二世殿下は今晩、延期の法案を署名するに伴い、内閣との協議の下、F.K. (29) Special 13に従い、「サモアの衛生面、安全面、また経済は大災害に際して大きな危機と直面している」と発言しました。

サモア独立国における非常事態宣言の延期は2020年4月5日の午前12時から2020年5月2日午前0時まで適用されます。

また2020年3月30日に発令された緊急事態宣言、および2020年3月21日から4月4日にかけて発令された非常事態宣言は以後修正、又は無効となるまで効力を有するものとします。